ネバダ州のCOVID-19影響について

2020/05/04

ネバダ州のCOVID-19影響について

現地からのレポート ネバダ州のCOVID-19影響について

本日、自粛期間が5/31/2020まで延長されました。
ラスベガスの不動産管理をお願いしているパートナーであるAngelaよりラスベガスエリアにおけるCOVID-19の影響について生活や不動産についての影響について報告して貰いましたのでシェアしたいと思います。また、ネバダ州のコロナ脱却へのロードマップが送られてきました。

このロードマップこそが今の日本に求められていると感じました。日本でも地方自治の仕組みが整備されていくと思います。このロードマップには、ゴールが明確に記載され、そのゴールを達成するまでの道筋が描かれています。またクライテリアがしっかり明示され補償についても一体として明示されています。

その他、Gamingなどの産業についても方針が明示されています。感染の影響や総てが相互に関連していて一人一人の行動の重要性が伝わって来ます。以下のAngelaの報告にもある通り知事の判断に全て委ねられています。

この28ページから構成されるロードマップは以下からダウンロード可能です。興味ある方は、目を通してみてください。ラスベガスがあるネバダ州のポテンシャルについて理解できると思います。
https://files.constantcontact.com/286c8067201/36282be5-1411-47f5-9dd8-db4bc162047f.pdf

ネバダ州-主にラスベガス市

現在、シソラック知事は、感染のリスクを最小限に抑えるための多くの指令を実施しています。
学校は閉鎖され、生徒は遠隔(オンライン教育)で授業に参加しています。学校は、学年度の残りの間についても閉鎖されると発表されました。

州知事は、2020年4月29日付けで、2020年5月15日まで在宅勤務命令を延長しましたが、同時に重要でない事業に対する制限の一部も緩和しました。

ゴルフ、テニス等のアクティビティが再開され、宗教的なサービスの立ち上げが許可されるようになりました。
これらの制限緩和はすべて、Covid 19の拡大を防ぐことを目的とした社会的距離、公衆衛生、および要件に従うことを条件としています。

政府は、ウイルスの影響を受けた企業を支援するために、いくつかの災害救援プログラムに資金を提供することをしてきました。
追加の資金援助に加えて、失業した多くの従業員は失業手当を得ることができました。

資金援助を支援する政府の迅速な行動により、経済がより早期に回復することを期待しています。

不動産賃貸市場

市場比較調査を行ったところ、賃貸料が約3〜4%とわずかに下落していることに気づきました。
私は空室にテナント付けする事に大きな成功を収めています。 私は、物件を埋めるのに平均して2〜4週間かかります。

プロパティを表示するときは、CDC(Centers for Diesese Control 疾病対策センター)の推奨措置に従います。また、以下のようにすべての空室募集広告にバーチャルショーを実装しています。
https://youtu.be/yZBOOlRsXw8

私の管理物件の空室率は低下しました。現在のテナントのほとんどは、このパンデミック期間中には移動していません。現時点で、テナントの4%だけが財政的な影響を受けており、4月の家賃の延滞を要求しています。

新たに緊急的に法整備された立ち退き禁止条例はまだ有効であり、現時点ではテナントを立ち退かせることはできません。

不動産販売市場

成約案件数の減少がありました。解雇の目にあった多くのバイヤーは、もはや購入する資格がありません。知事は、4月8日にオープンハウスを禁止する指令013を実施しました。この指令では、テナントが占有している物件を直接内覧させることも禁止しています。

私の専門知識は、販売ではなく賃貸市場に関するものですが、この情報は、販売のみを扱っている他のエージェントから得たものです。また、多くの新しい住宅建設業者が、現時点で開発および将来建設するプロジェクトを一時停止していることも聞いています。

ラスベガスストリップ、カジノ、レイダーススタジアム

私はここラスベガスで生まれました。私の生涯でメインストリートがこれほど静かで閑散としていのを見たことがありません。本当に不気味でした。

現在のところ、Stay at Home指令は5月15日まで施行されており、知事は段階的にいくつかの制限を緩和します。知事はカジノがどの段階に入るのかまだ発表していません。これは私たちが感染拡大カーブを減衰させることに完全に依存していると私は信じています。

ステーションカジノで働いているテナントがいて、彼らは5月15日にオープンすることを期待して計画していますが、すべて知事の判断に依存しています。

レイダーズスタジアムはまだ予定通りです。私が見たり読んだりしたことはすべて、建設が止まっていないことを物語っています。数週間後にオークランドからここに引っ越すラスベガスレイダースで働いている新しいテナントがいます。

2020年のNFLドラフトは、もともとは巨大なベラージオの噴水のラスベガスで行われる予定でしたが、パンデミックのために計画が変更され、ここラスベガス2022でバーチャル形式で開催予定です。

アメリカ投資コラム&トピックス

  • 2020/06/19

    米国不動産購入後の必要な手続

    令和2年税制改正により、個人による米国不動産所得の節税メリットは薄れました。今後は、...

  • 2020/06/02

    当協会の推奨エリア

    シアトル ワシントン州 ロサンゼルス カリフォルニア州 ラスベガス ネバダ州 その...

  • 2020/05/29

    ほとんどのアメリカ人が存在を...

    アメリカのレアルターやブローカー向けの不動産ニュースサイトhttps://www.realtor.com/...

ご相談・お問い合せCONTACT

ご不明点・ご質問がある方、サービスにご興味がある方、
米国投資協会に関するお問い合わせはこちら
TEL:323-378-7097* (AM9時~PM18時)

*日本からのお電話は米国の国番号1を最初につけておかけください。
または、090-5448-3974までお願いします。

メールでのお問合せはこちら

認定アドバイザーのご紹介CERTIFIED ADVISOR

信頼できるアドバイザーをご相談者の方に合った投資ニーズから
ピックアップさせて頂きます。またはプライベートセミナーも
毎月開催しておりますのでお気軽にご相談下さい。

ご相談フォームはこちらから