アメリカ不動産投資におけるロサンジェルス(LosAngeles)の集合住宅が魅力なワケとは?

2019/08/03

アメリカ不動産投資におけるロサンジェルス(LosAngeles)の集合住宅が魅力なワケとは?

私がアメリカ不動産を選定する際に重視している要素は以下の4点です。

  • 資産性(資産価値)
  • 収益性(インカムゲイン)
  • 安定性(空室率)
  • 成長性(キャピタルゲイン)

最近、税効果を考え建物比率を重視する投資家もいますが、過度に建物比率が高い物件は大概あまり良い物件でないことが多いと考えています。

ロサンゼルス(Los Angeles)でも我々が注目するエリアは、7割程度の建物比率、安定性ある4%程度のCAPレートに加え、キャピタルを狙える物件をご案内できます。

なぜ今ロサンゼルス(Los Angeles)の集合住宅が魅力なのか?

2世帯から4世帯の集合住宅ですので、戸建てと違い空室が出た場合のリスクを低く抑えることができます。(戸建ては空くと家賃収入ゼロですが、4世帯ですと1室空いても残りの家賃を得ることができます。)

また、家賃を上げる場合のアップサイドも戸建てに比べて期待値が高い傾向にあります。

ラスベガス(Las Vegas)と比べても、比較的新しい集合住宅など万遍なく各年代の集合住宅があり、投資家の投資目的に合わせた築年数の不動産を探すことが可能です。

 

但し、基本的にリスティングされているオンマーケットの物件ですので、迅速な判断と早めに手付金を送金する必要があります。

通常オファーがアクセプト(受領)されると3営業日以内に着金している必要があります。

西海岸はアジアのゲートウェイで気候が良く経済が強いため、常に住みたい人を魅了し続けます。

また、ロサンゼルス(Los Angeles)は再開発も盛んですので、そのエリアを見越して先行投資するには大変妙味があります。

そんな場所では、建物比率が高い物件より新しい物件を購入すると大きなリターンを得ることが可能です。皆さんの投資の一助になれば嬉しいです。

 

合わせて読みたい:アメリカ不動産を購入するには

 

認定アドバイザーのご紹介
当協会では認定アドバイザーのご紹介を行っております。
信頼できるアドバイザーをご相談者の方に合った投資ニーズからピックアップさせて頂きます。
またはプライベートセミナーも毎月開催しておりますのでお気軽にご相談下さい。
認定アドバイザー紹介依頼

 

アメリカ投資コラム&トピックス

  • 2020/06/19

    米国不動産購入後の必要な手続

    令和2年税制改正により、個人による米国不動産所得の節税メリットは薄れました。今後は、...

  • 2020/06/02

    当協会の推奨エリア

    シアトル ワシントン州 ロサンゼルス カリフォルニア州 ラスベガス ネバダ州 その...

  • 2020/05/29

    ほとんどのアメリカ人が存在を...

    アメリカのレアルターやブローカー向けの不動産ニュースサイトhttps://www.realtor.com/...

ご相談・お問い合せCONTACT

ご不明点・ご質問がある方、サービスにご興味がある方、
米国投資協会に関するお問い合わせはこちら
TEL:323-378-7097* (AM9時~PM18時)

*日本からのお電話は米国の国番号1を最初につけておかけください。
または、090-5448-3974までお願いします。

メールでのお問合せはこちら

認定アドバイザーのご紹介CERTIFIED ADVISOR

信頼できるアドバイザーをご相談者の方に合った投資ニーズから
ピックアップさせて頂きます。またはプライベートセミナーも
毎月開催しておりますのでお気軽にご相談下さい。

ご相談フォームはこちらから