【最新情報】2019年7月におけるアメリカ不動産市況について

2019/09/01

【最新情報】2019年7月におけるアメリカ不動産市況について

知り合いの米国で活躍しているMr.Kに頂戴した資料から、2019年7月現在の米国不動産市況についてデータを頂戴したので簡単に解説してみます。

2019年7月現在の米国の中古物件売買予測値は、年間売買予測数が542万戸で対前年比0.6%の上昇対前月比では、2.5%の上昇となりました。中間の売買価格は、$280,800ドルで平均の在庫数は4.2ヶ月分です。

米国主要都市圏の中間売買価格

私が馴染みある主要な都市圏の中古住宅の中間売買価格(2019/2期)は以下のとおりです。

  1. Phoenix-Mesa-Scottsdale AZ +5.0% $285.5K
  2. Las Vegas-Henderson-Paradise NV +3.5% $301.5K
  3. New York-Newark-Jersey City NY +2.5% $420.8K
  4. Los Angeles-Long Beach CA +1.8% $567.0K
  5. Honolulu HI -1.2% $785.5K
  6. San Jose(Silicon Valley) -5.3% $1,330.0K

全体的には、シリコンバレーやハワイが高くなりすぎて反動が出ている気がします。

雇用上昇率

また、2019年6月の雇用上昇率(対前年比)では、

  1. Nevada 3.4%
  2. Utah 3.0%
  3. Arizona 2.8%
  4. South Dakota 2.7%
  5. Florida 2.6%
  6. Texas 2.5%

とラスベガスを中心としたサンベルト地帯(南の温暖なエリア)が勢いがあります。

定点観測をすると投資判断の一助になります。定期的に情報をご案内していきたいと思います。

 

合わせて読みたい:アメリカ不動産を購入するには

 

認定アドバイザーのご紹介
当協会では認定アドバイザーのご紹介を行っております。
信頼できるアドバイザーをご相談者の方に合った投資ニーズからピックアップさせて頂きます。
またはプライベートセミナーも毎月開催しておりますのでお気軽にご相談下さい。
認定アドバイザー紹介依頼

 

アメリカ投資コラム&トピックス

  • 2020/08/30

    2020年7月のラスベガス不動産...

    2020年7月のラスベガス リアルター協会による集計データによると、 7月の売却件数は、戸...

  • 2020/08/23

    2020年7月の米国中古住宅販売...

    2020年7月の米国中古住宅販売件数は前月比24.7%増 2020年8月21日NAR発表記事によると7月...

  • 2020/06/19

    米国不動産購入後の必要な手続

    令和2年税制改正により、個人による米国不動産所得の節税メリットは薄れました。今後は、...

ご相談・お問い合せCONTACT

ご不明点・ご質問がある方、サービスにご興味がある方、
米国投資協会に関するお問い合わせはこちら
TEL:323-378-7097* (AM9時~PM18時)

*日本からのお電話は米国の国番号1を最初につけておかけください。
または、090-5448-3974までお願いします。

メールでのお問合せはこちら

認定アドバイザーのご紹介CERTIFIED ADVISOR

信頼できるアドバイザーをご相談者の方に合った投資ニーズから
ピックアップさせて頂きます。またはプライベートセミナーも
毎月開催しておりますのでお気軽にご相談下さい。

ご相談フォームはこちらから