知っておきたいラスベガスで治安の良いエリア、治安の悪いエリア

2019/09/18

知っておきたいラスベガスで治安の良いエリア、治安の悪いエリア

ラスベガスは全般的に言えば観光地ですので、治安面では比較的安全な街と言えます。しかし、観光客が立ち寄らない場所などで一部治安の悪いエリアも存在します。具体的な注意点についてお話してみます。

空港やカジノ、ホテルでのスリ被害には注意

まず、最初の玄関マッカラン国際空港は、かなりセキュリティーが堅牢で安全な空港と言えます。但しスリなど身の回り品については油断は禁物です。

そして観光の中心街となるストリップ通りとその周辺ホテル内はとても安全で清潔です。但し、カジノホテルなどはセキュリティカメラが至る所にあり、ガードマンの人数もいて安全なのですが、それでもスリがいますのでバックなどを床に置き目を離したりすると被害に会う事があります。

万一スリに会った場合でも、ラスベガスではスリは日常茶飯事ですので、被害に会っても警察も出動しませんしオンラインでのポリスクレームも出来ません。

したがって被害に会った場合は、警察署にこちらから出向きクレームをファイルしないと保険の適用がされない場合もあり、大変時間と手間がかかる事になります。

又、ホテルのセキュリティー監視カメラの映像を確認して犯人を割り出すなど、ホテル側から一切協力を得ることは出来無いと思ってください。

余談ですが、カジノではスマホやカメラによる一切の写真撮影は禁止となっております。

ラスベガスで注意すべきエリア、治安が悪いエリア

ストリップ通りから外れると人通りが少なく治安面で良くないエリアがあります。その他では、ストラスフィアホテルがある北側オールドダウンタウンの周辺などもあまり治安が良くないエリアです。

ストリップの西側に位置するチャイナタウン周辺もドラッグなど治安面で良いとは言えないエリアです。

夜間の移動は必ずタクシーかUberを利用する事をお勧めします。日本と違い流しのタクシーはラスベガスではありませんのでホテルの前で乗車するか、Uberをスマホで呼ぶ必要があります。

ラスベガスでとくに安全で治安の良いエリア

ラスベガスの中で治安の良い場所としては、西側に位置するサマリンエリアは高級住宅街として治安が良いエリアです。

また、ラスベガス市ではないですが南東に位置するヘンダーソン市は、安全な街として全米の中でも高い評価を受けています。

 

エリア毎の治安について以下の「Trulia」のウェブサイトからも調べることができます。

https://www.trulia.com/

こちらのサイトから物件住所を入力後に、Crime Mapで周辺エリアの治安について確認することができます。

米国では郵便番号毎にオンラインでデモグラフィックデータなどを確認することもでき事前のリサーチを手間をかけずに行えます。

皆様の投資の一助となれば嬉しいです。

 

認定アドバイザーのご紹介
当協会では認定アドバイザーのご紹介を行っております。
信頼できるアドバイザーをご相談者の方に合った投資ニーズからピックアップさせて頂きます。
またはプライベートセミナーも毎月開催しておりますのでお気軽にご相談下さい。
アドバイザー紹介依頼

 

アメリカ投資コラム&トピックス

  • 2020/08/30

    2020年7月のラスベガス不動産...

    2020年7月のラスベガス リアルター協会による集計データによると、 7月の売却件数は、戸...

  • 2020/08/23

    2020年7月の米国中古住宅販売...

    2020年7月の米国中古住宅販売件数は前月比24.7%増 2020年8月21日NAR発表記事によると7月...

  • 2020/06/19

    米国不動産購入後の必要な手続

    令和2年税制改正により、個人による米国不動産所得の節税メリットは薄れました。今後は、...

ご相談・お問い合せCONTACT

ご不明点・ご質問がある方、サービスにご興味がある方、
米国投資協会に関するお問い合わせはこちら
TEL:323-378-7097* (AM9時~PM18時)

*日本からのお電話は米国の国番号1を最初につけておかけください。
または、090-5448-3974までお願いします。

メールでのお問合せはこちら

認定アドバイザーのご紹介CERTIFIED ADVISOR

信頼できるアドバイザーをご相談者の方に合った投資ニーズから
ピックアップさせて頂きます。またはプライベートセミナーも
毎月開催しておりますのでお気軽にご相談下さい。

ご相談フォームはこちらから