ほとんどのアメリカ人が存在を知らない急成長都市とは?!

2020/05/29

ほとんどのアメリカ人が存在を知らない急成長都市とは?!

アメリカのレアルターやブローカー向けの不動産ニュースサイトhttps://www.realtor.com/で面白い記事がありましたので抄訳して紹介します。

南は再び上昇しました。

最近の米国国勢調査局の報告によると、過去10年間で最も急速に成長している10の大都市のうち6つがメイソン-ディクソン線*を下回っています。
*メイソン=ディクソン線(Mason-Dixon Line)は、一般に、アメリカ合衆国の北部と南部とを隔てる境界であると認識されてる。

2010年4月1日から2019年7月1日までの間に、5万人以上の居住者がいる都市のみを取り上げたところ、最も急速に成長している都市は、ローンスター州*以外の多くの人々がなじみのない都市です。
*テキサス州の州旗が白い星を一つあしらってあることからローン・スター・ステイト (Lone Star State) とも呼ばれている。

テキサス州ダラス郊外のFrisco(フリスコ)は、北側に位置し、過去10年間で71.1%成長しています。
非常に多くの企業がダラス地域で事業を移転、開業、または拡大し、給料の高い仕事と労働者の多くをその地域に引き付けたため、フリスコは後押しされました。realtor.com®のデータによると、フリスコの市の住宅価格の中央値は50万ドルで全国平均の320,000ドルよりも約36%上回っています。

「過去10年間の人口の増加は、明らかにサンベルト都市=南側に集中している」と、realtor.comの上級エコノミスト、ジョージ・ラティウ氏は述べています。
「南部の州は、天気が良く、生活費が安く、税金が低いためそれを求めている人々と企業の両方にとって魅力的なのです」とRatiuは言います。

フリスコの後に続く過去10年間での人口増加都市は!

アリゾナ州Buckeye(バックアイ)56.6%増
テキサス州New Braunfels(ニューブラウンフェルズ)56.4%増
テキサス州Mckunney(マッキーニー)51.9%増
ユタ州South Jordan(サウスジョーダン)51.8%
アイダホ州Meridian(メリディアン)48.3%
テキサス州Cedar Park(シーダーパーク)44.2%
フロリダ州Fort Myers(フォートマイヤーズ)39.8%
テキサス州Conroe(コンロー)39.3%
カリフォルニア州Irvine(アーバイン)35.5%

南部の大都市は、過去10年間で11.8%のペースで国内の他のどの地域よりも速く成長しています。それはおそらく、生活費が安く、住宅価格が安く、税金が低いためです。このキラーコンビネーションは、この地域に企業や多くの給料の良い仕事を引き付けており、米国の他の地域からの移住も増えています。退職者にとって魅力的なこの地域の暖かい天候はありがたいのです。

一方、高価格(そして寒い)の北東部は、同じ期間に1.5%しか成長しませんでした。西部の人口は9.1%急増し、中西部では3.1%上昇しました。
スペクトルの反対側には、最大の人口の減少を見ている大都市があります。

これらの多くは、主な雇用主を失い、経済的に苦労しているラストベルト都市または他の地域でした。
これらの地域の不動産は、雇用市場が弱い地域で住宅を購入しようとするバイヤーが少ないため、安くなる傾向があります。

2010年4月1日と2019年7月1日から、ウェストバージニア州チャールストンは最大の流出を経験し、居住者の9.4%を失いました。
このエリアの住宅価格中央値は、$ 182,500であり、全国平均よりも約43%下回っています。

チャールストンの後に続く過去10年間での人口減少都市は!

ミシシッピ州ジャクソン-7.4%
イリノイ州ディケーター-7.1%
ルイジアナ州シュリーブポート-6.9%
ジョージア州アルバニー-6.9%
インディアナ州ゲイリー-6.7%
ミシガン州フリント-6.6%
インディアナ州ハモンド-6.6%
ノースカロライナ州ロッキーマウント-6.5%
ミシガン州サギノー-6.5%

By Clare Trapasso | May 21, 2020

当協会ではお客様のニーズをお聞かせいただいた上でベストなパートナーをご提案致します。

米国投資アドバイザーのご紹介

認定アドバイザーのご紹介当協会では認定アドバイザーのご紹介を行っております。
信頼できるアドバイザーをご相談者の方に合った投資ニーズからピックアップさせて頂きます。
またはプライベートセミナーも毎月開催しておりますのでお気軽にご相談下さい。
アドバイザー紹介依頼

アメリカ投資コラム&トピックス

  • 2020/06/19

    米国不動産購入後の必要な手続

    令和2年税制改正により、個人による米国不動産所得の節税メリットは薄れました。今後は、...

  • 2020/06/02

    当協会の推奨エリア

    シアトル ワシントン州 ロサンゼルス カリフォルニア州 ラスベガス ネバダ州 その...

  • 2020/05/29

    ほとんどのアメリカ人が存在を...

    アメリカのレアルターやブローカー向けの不動産ニュースサイトhttps://www.realtor.com/...

ご相談・お問い合せCONTACT

ご不明点・ご質問がある方、サービスにご興味がある方、
米国投資協会に関するお問い合わせはこちら
TEL:323-378-7097* (AM9時~PM18時)

*日本からのお電話は米国の国番号1を最初につけておかけください。
または、090-5448-3974までお願いします。

メールでのお問合せはこちら

認定アドバイザーのご紹介CERTIFIED ADVISOR

信頼できるアドバイザーをご相談者の方に合った投資ニーズから
ピックアップさせて頂きます。またはプライベートセミナーも
毎月開催しておりますのでお気軽にご相談下さい。

ご相談フォームはこちらから